赤ちゃんをモデルにする

赤ちゃん

いろいろな審査会

赤ちゃんモデルになるためには、大人同様オーディションを受ける必要があります。審査は一般向けと芸能事務所向けの二通りあり、一般向けは誰でも応募することが可能です。一方の芸能事務所向けのオーディションは、芸能事務所経由でなくては受けることができません。また芸能事務所に所属するにも、審査に合格しなくてはいけないのでそこをまずクリアする必要があります。その赤ちゃんモデル向けオーディション自体も、公開している物から非公開の物までさまざまです。さらに雑誌の企画からテレビ番組や広告までさまざまな媒体から募集があるので、赤ちゃんモデルとして売り出したい方はとりあえず色々受けてみましょう。ちなみに一般向けのモデルは、その媒体のみに出られる物がほとんどです。場合によっては一回限りの出演で報酬すらないこともあるので、応募する時はその条件をよく確認しておかなくてはいけません。その点事務所経由の赤ちゃんモデルのオーディションは、報酬が発生する物がほとんどでギャラも売れっ子ほど高めになります。加えて、それをみた他のメディアから次々とオファーが来ることも珍しくありません。その上で売れてくれば、事務所からのマネジメントも強化してもらえます。そうなると交通費や衣装代などのオーディションに必要な経費がすべて事務所持ちになるので、経済的な負担も大幅に減ります。赤ちゃんモデルは旬が短いので活動できる期間は限られていますが、そこからステップアップして本格的なタレントになった方も少なくないのでチャレンジしてみる価値はあります。

PICK UP

ステージ

アイドル志望者の注意点

芸能事務所などのタレントのオーディションは、とにかく狭き門なので覚悟しておきましょう。実際の申し込みの際は、規約などを事前によく読んでおかなければなりません。ただし稀に悪質な事務所もありますので要注意です。特に未成年者が申し込む場合は、両親と相談してからにしましょう。

詳しく見る

赤ちゃん

赤ちゃんをモデルにする

赤ちゃんモデルのオーディションは一般向けと芸能事務所向けの二通りあるうえ、公開型と非公開型の物があります。さらに雑誌から広告までさまざまな媒体から募集がされているので、とりあえず一通り応募してみることが大切です。また一度限りの出演や報酬無しの場合もあるので、そこはよく確認して受けるようにしましょう。

詳しく見る

女性

芸能関連に仕事を頼む

芸能人に依頼する際は、キャスティング会社を通すとスムーズにことが運べます。とはいえキャスティング会社のサービスは多く、それぞれ依頼料や評判も違うので比較しながら利用するようにしましょう。そうすることで損をすることなく、円滑に芸能人に依頼することが可能になります。

詳しく見る