選び方について

赤ん坊

対象となる赤ちゃんとは

本格的にタレント活動をさせるつもりはないものの、赤ちゃんモデルくらいならやらせてみたいと考えている親御さんもいるでしょう。ただし、闇雲にオーディションを受けたとしても、なかなか赤ちゃんモデルとして採用されません。そこでどのような赤ちゃんモデルを求められているのか、そして我が子にはどんな仕事が向いてるのかを知った上で、オーディションを受けるようにしたいものです。まず、カタログやパンフレットなどの表紙を飾る赤ちゃんモデルに関してですが、落ち着きのある赤ちゃんがオーディションに受かりやすいと言われています。なぜなら一度泣いてしまうと、その都度撮影が中断しますし、目や鼻の赤みが引くまで待たなければいけないからです。もしも我が子は物怖じしないタイプだと考えているなら、オーディションにチャレンジしてみると良いです。次に、ベビー用品に使われている写真の赤ちゃんモデルですが、こちらは反対に活発な方が好まれる傾向にあります。おむつなどは、ハイハイをしてもズレないといったことを売りにしている商品が多いからです。使用する写真には、楽しそうで生き生きした場面を使いたいので、できるだけ動き回る赤ちゃんが向いているというわけです。雑誌の赤ちゃんモデルは、一般公募よりも芸能事務所に所属している赤ちゃんが対象になる場合がほとんどです。雑誌モデルにさせたいなら、事務所を探してからオーディションを受ける方が合格しやすいです。

PICK UP

ステージ

アイドル志望者の注意点

芸能事務所などのタレントのオーディションは、とにかく狭き門なので覚悟しておきましょう。実際の申し込みの際は、規約などを事前によく読んでおかなければなりません。ただし稀に悪質な事務所もありますので要注意です。特に未成年者が申し込む場合は、両親と相談してからにしましょう。

詳しく見る

赤ちゃん

赤ちゃんをモデルにする

赤ちゃんモデルのオーディションは一般向けと芸能事務所向けの二通りあるうえ、公開型と非公開型の物があります。さらに雑誌から広告までさまざまな媒体から募集がされているので、とりあえず一通り応募してみることが大切です。また一度限りの出演や報酬無しの場合もあるので、そこはよく確認して受けるようにしましょう。

詳しく見る

女性

芸能関連に仕事を頼む

芸能人に依頼する際は、キャスティング会社を通すとスムーズにことが運べます。とはいえキャスティング会社のサービスは多く、それぞれ依頼料や評判も違うので比較しながら利用するようにしましょう。そうすることで損をすることなく、円滑に芸能人に依頼することが可能になります。

詳しく見る