ステージ

アイドル志望者の注意点

芸能事務所などのタレントのオーディションは、とにかく狭き門なので覚悟しておきましょう。実際の申し込みの際は、規約などを事前によく読んでおかなければなりません。ただし稀に悪質な事務所もありますので要注意です。特に未成年者が申し込む場合は、両親と相談してからにしましょう。

詳しく見る

イベント集客の一方法

相談

有名人の力を借りる

何かのイベントを行う時、一番気になるのは集客です。いくら良い内容のイベントを行っても、人が集まらなければ意味がありません。また講演会もそうです。人がたくさん集まってこそ、成功という面もありますので、この点企画担当者は気をもむものです。そんな時、知名度のある芸能人などをイベントに呼ぶことができれば、集客に大いに役立ちます。また、PRの段階で多くの人の目に触れ、関心を持ってもらうことができます。そんな芸能人に出演依頼をする場合なのですが、基本的には事務所に連絡をすることが第1ステップです。どの芸能プロダクションも自社のサイトで依頼のためのフォームを用意されていますので、そこから依頼したい内容や日時などを連絡することになります。そんな芸能人ですが、例えば元同級生であるとか、以前友人だったというつながりがあるという人もいることでしょう。だからといって、個人的に出演を依頼するのはNGです。これはいわゆる闇営業というものになり、芸能界ではご法度です。さて、プロダクションを通して芸能人を依頼するわけですが、気になるのは費用です。大まかに言うと「出演料」「旅費交通費」「宿泊費」の3つが必要です。この場合、気を付けておきたいのは、マネージャーや付き人の旅費や宿泊費も必要になるということです。有名な芸能人でしたら、出演料だけでもコストがかかりますので、それにプラスしてこうした費用もかかることを理解した上で出演交渉する必要があります。

赤ちゃん

赤ちゃんをモデルにする

赤ちゃんモデルのオーディションは一般向けと芸能事務所向けの二通りあるうえ、公開型と非公開型の物があります。さらに雑誌から広告までさまざまな媒体から募集がされているので、とりあえず一通り応募してみることが大切です。また一度限りの出演や報酬無しの場合もあるので、そこはよく確認して受けるようにしましょう。

詳しく見る

女性

芸能関連に仕事を頼む

芸能人に依頼する際は、キャスティング会社を通すとスムーズにことが運べます。とはいえキャスティング会社のサービスは多く、それぞれ依頼料や評判も違うので比較しながら利用するようにしましょう。そうすることで損をすることなく、円滑に芸能人に依頼することが可能になります。

詳しく見る

面接

芸能界で仕事をしたい

タレントのオーディションは、書類審査と面接で行うのが普通です。一次の書類審査を通過したら、二次の面接で自己PRをしたり質疑応答や実技などを行います。ちなみに面接に行くための交通費や衣装代は自腹です。そこで合格したら、あとは最終審査か三次審査に進みます。そこで合格出来たらタレントとして仕事ができます。

詳しく見る

赤ん坊

選び方について

パンフレットやカタログに使われる写真のオーディションを受ける場合、落ち着きのある赤ちゃんモデルが採用されやすいです。反対にベビー用品では活発な子が良いでしょう。雑誌のモデルは、芸能人事務所に所属していた方がオーディションでは有利です。

詳しく見る

PICK UP

ステージ

アイドル志望者の注意点

芸能事務所などのタレントのオーディションは、とにかく狭き門なので覚悟しておきましょう。実際の申し込みの際は、規約などを事前によく読んでおかなければなりません。ただし稀に悪質な事務所もありますので要注意です。特に未成年者が申し込む場合は、両親と相談してからにしましょう。

詳しく見る

赤ちゃん

赤ちゃんをモデルにする

赤ちゃんモデルのオーディションは一般向けと芸能事務所向けの二通りあるうえ、公開型と非公開型の物があります。さらに雑誌から広告までさまざまな媒体から募集がされているので、とりあえず一通り応募してみることが大切です。また一度限りの出演や報酬無しの場合もあるので、そこはよく確認して受けるようにしましょう。

詳しく見る

女性

芸能関連に仕事を頼む

芸能人に依頼する際は、キャスティング会社を通すとスムーズにことが運べます。とはいえキャスティング会社のサービスは多く、それぞれ依頼料や評判も違うので比較しながら利用するようにしましょう。そうすることで損をすることなく、円滑に芸能人に依頼することが可能になります。

詳しく見る